Romping ララ

ファスティング -あなたの「変えたい!!」を応援する情報ブログサイト

*

活性酸素を除去する!抗酸化作用を高めるファスティングのすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの体で日々作られている活性酸素

活性酸素は体に入った細菌やウィルスをやっつけてくれる必要不可欠なものですが、必要以上に量が増えると私たちの細胞自体を傷つけ、癌や動脈硬化の原因となってしまいます。

活性酸素を除去する作用を抗酸化作用と言います。よく「ポリフェノールが抗酸化作用が高い!」と言われますが、実はもともとの私たちの体にも抗酸化作用は備わっているんです。今回はファスティングが体の抗酸化作用を高める理由についてご紹介します。



ララ レクタングル

ファスティングで抗酸化作用を高める!

体の中で増えすぎると、私たちの体の細胞自体を傷つけてしまう活性酸素。放っておくと、癌や動脈硬化などの深刻な病気を引き起こしてしまう可能性があります。

この活性酸素を無害化するのが、抗酸化作用という働きです。抗酸化作用の高い栄養素で良く言われているのが、ワインなどに含まれる「ポリフェノール」や、野菜や果物に含まれるβ-カロテンやビタミンCなど。これらの栄養素は体の中で、増えすぎてしまった活性酸素の量を減らしてくれます。

実は、私たちの体にももともと抗酸化作用を持つ仕組みが備わっています。それが代謝酵素の力。ファスティングはこの代謝酵素の力を高めることによって、活性酸素を除去する抗酸化作用を高めてくれます。

活性酸素を除去する代謝酵素

私たちが体の中に持っている、様々な種類の酵素。代謝の働きを担っている「代謝酵素」の中には、活性酸素を除去してくれる酵素が存在します。それが「SOD酵素」。

スーパオキシドジスムターゼ(Super Oxide Dismutase enzyme)という酵素で、呼んでそのまま「活性酸素を除去する酵素」という意味。この代謝酵素の力が高まると、下記のような様々な効果を与えてくれます。

  • 動脈硬化を予防する効果
  • 高血圧症を改善する効果
  • 糖尿病の予防・改善効果
  • 細胞の健康を維持する効果
  • 美肌効果

※参考:わかさの秘密

代謝酵素の働きを高めるファスティング

ファスティングは、これら代謝酵素の働きを高めることが目的の断食療法です。断食によって腸を休め、今まで消化に一生懸命になっていた酵素の力を代謝に向けることによって、その働きを高めます。

また、ファスティング中はファスティングドリンクや酵素ドリンクによって、体の外からも新鮮な酵素を取り込みます。体の中から外から代謝酵素の働きを高めるのがファスティングの特徴です。

断食中は酸素消費量が減る

代謝酵素を高めることによって、活性酸素を除去すると同時に、ファスティングによって断食をしている最中は酸素の消費量が減ることが分かっています。活性酸素は酸素の消費量が減ると、生成される総量が減ります。

ファスティング中は活性酸素を除去するだけでなく、生成まで抑えてくれるのです。

 

まとめ

癌や動脈硬化など深刻な病気の原因となってしまう活性酸素。ファスティングは体の代謝酵素の働きを高めることで抗酸化作用を高め、活性酸素を除去してくれます。

活性酸素が除去されることによって、血管年齢の若返りができたり、美肌効果もあり、美容や健康にも効果的。ファスティングをまだご存じない方は、これを機にぜひ興味を持っていただければ幸いです。

この記事が参考になったという方は、ぜひいいね!をお願いします。

 

 - ファスティングについて