Romping ララ

ファスティング -あなたの「変えたい!!」を応援する情報ブログサイト

*

目指せ-5kg!ファスティング中にやるべき本当に重要なたった4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実践ファスティング

ファスティングにおける3つのステップ、準備期、ファスティング期、復食期。前回はその中で、準備期を過ごす上で気を付けるポイントをご紹介しました。

入念な準備を行ったあとは、いよいよファスティングの開始!でも、ここで失敗すると準備期の努力が水の泡となってしまいます。実際に断食を行うファスティング期は、最も重要なポイントです。

今回はファスティングの効果を左右する、ファスティング中にやるべき本当に重要なことについてご紹介します。これをきちんと理解すれば-5kgも夢ではありませんよ。



ララ レクタングル

 

ファスティング中にやるべきこととは?

ファスティングで最も重要なのは、固形の食べ物をやめて食事をドリンクに置き換える、いわゆる断食を行う期間。

半日、1日、3日、6日と期間はそれぞれありますが、日数が多くなるにつれて、しっかりと準備をして行う必要があります。単純に考えて、6日間も食べ物を食べないわけですからね。何も知らずに長期のファスティングを行うのはやめましょうね。

準備期である程度内臓が休まってきたところで、断食によってほぼ完全に内臓を休止させます。同時に、食物酵素をドリンクによって取り込むことで、効果的に体の中の酵素の働きを消化から代謝へシフトさせます。代謝酵素の働きによって、細胞の活性化が進み、脂肪がどんどん燃焼されていきます。これがファスティングによるダイエット効果ですね。

また、代謝が上がることで体内の解毒作用、デトックスも進み、今まで体に溜まっていたコンビニ弁当の保存料など、化学物質が体外へ排出されます。ファスティングが体のリセットと言われるのはこういうところです。たぶん皆さんが思っている以上に、クリーンな体を作ってくれます。

ファスティングの効果については、以下にもまとめていますのでぜひ確認してみてください。

さて、ファスティング中に心がけて行うことは、下記の4つです。

  • ファスティングドリンクを飲む
  • 水を多めに飲む
  • 運動する
  • がま~ん!

では、それぞれについて見ていきましょう。

ファスティングドリンクを飲む

ファスティング中は、何も飲まず食わずなわけではなくて、ファスティングドリンクを飲みます。食物酵素を取り込み、脂肪燃焼を助けるビタミン・ミネラルを補給し、最低限のカロリーもドリンクによって補います。やっぱりカロリーも、ゼロでは体に良くないです。ドリンクの作り方、選び方については、下記を参考にしてください。

1日3食分、ファスティングドリンクを飲んで栄養を補給しましょう。これが、ファスティング中の食における唯一の楽しみになります。手作りの場合は味を色々変えてみて、ぜひ楽しんでやってみてください。

市販の酵素ドリンクの場合、飲み方は色々ありますが、わたしは一口でぐいっと飲む方法をオススメします。

水を多めに飲む

ファスティング中は、1日に1.5~2リットルのお水を飲んでください。朝起きたらまずはコップ一杯いっぱいの水で細胞を起こしましょう。

デトックスによって体の中に色んな物質が流れるので、それを押し流すために水分を摂ります。普段より多めに摂るのは、塩分の摂取がなくなるため、水分が吸収しにくくなっているからです。

油断していると頭が痛くなったり、視界がちらついたりするので、水分はこまめに摂るようにしましょう。わたしの場合は、2リットルのペットボトルに初めから満タンの水を用意して、1日に飲む量を見える形にして飲んでました。

水だけだと飽きてしまうので、ノンカフェインのお茶なんかも飲んでみてもいいですね。

以上のように水分を多く飲む理由は「好転反応」を軽減する理由ためです。好転反応や水が重要なことについてはこちらの記事でご参考に。

運動する

まさか・・・何も食べてないのに、正気の沙汰なの!?と思われるかもしれませんが、いたって正気です。

ファスティング中の運動はファスティングの効果を高めるのに役立ってくれます。ダイエットの効果だけでなく、デトックスが進んだり、リバウンドを防いでくれます。

普通の軽いウォーキングやジョギングぐらいであれば、体に悪いこともなく、問題ありません。有酸素運動を意識して、しっかり脂肪を燃やしてしまいましょう。

ただし、脂肪が燃えやすいからと言ってむやみやたらに運動することは、逆に効果を減少させたり、低血糖など危険な状態に陥りやすくなってしまいますので気を付けて。正しい知識を備えて、適切な運動を心がけましょう。

がま~ん!

やっぱり、始めのうちは空腹がツライです。。2日目の昼夜あたりが一番ピークですね。それを超えると、なんかもう空腹が気にならなくなり、いつまででもいける!って感じになります。

わたしが感じたのは、日々のストレスを、割と食べることで解消していたんだなぁということ。それができなくなるのがつらかったですねぇ。。そんなときはジムに行って軽く汗を流し、ストレスを解消するようにしてました。

大事なのは、精神論的にがまんし続けることではなくて、がまんの方法を見つけることです。

  • 小腹が空いたら、水やノンカフェインのお茶を飲む
  • ファスティングドリンクの味を変えてみる
  • 仕事や運動にうちこむ
  • アロマを焚いて、リラックスする

ただし、お酒、たばこは絶対にがまんし続けてください。ファスティング中は特に体に毒ですから。

 

まとめ

ファスティング中は、何かと気を付けることも多いもの。今回紹介した方法はちゃんと理由のあるものなので、しっかり守って実践してみてください。それが、あなたのダイエットの効果をばっちり応援してくれます。

一番大事なことは、ムリなく楽しく行うこと。ファスティングは決して精神修行ではないので、あなたの求める効果をイメージして、わくわくしながらやってみてください。がまんのし過ぎは、つらいだけですから。

こんな症状が出たら、適切な対処法もありますよ。

あなたの変わりたいを応援します。ぜひがんばってください!

 - ファスティングについて