Romping ララ

ファスティング -あなたの「変えたい!!」を応援する情報ブログサイト

*

血管年齢を若返らせる ファスティングを勧める7つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、血管年齢を意識したことはありますか?

そのものずばり、血管の年齢のことですが、自分の歳と比べて血管年齢が高いと、動脈硬化や果ては脳血栓など、重大な病気を引き起こす可能性だってあるんです。逆に血管年齢が若いと、美肌や肩こり知らずといった美容に関する効果も。

その血管年齢を若返らせるのが、ファスティングです。今回はファスティングがなぜ血管年齢を若返らせることができるのか、その理由についてご紹介します。



ララ レクタングル

 

血管年齢とは?

血管年齢とは、自分の血管がどれだけ老化しているかを測るための指標のことで、主に血管の「硬さ」を言います。血管年齢はお医者さんに行くと測ることができますが、血圧が普段から高めという方は要注意。血管が硬くなって、動脈硬化などを引き起こす可能性が高いかもしれません。

血管年齢が高いってどういうこと?

血管年齢が高い、ということは、血管の老化がそれだけ進んでいるということ。老化が進むと血管が硬くなり、日々私たちの体を流れている血液の流れを受け止める弾力性が弱くなってしまいます。

それがさらに進行したものが動脈硬化と呼ばれるもの。弾力性を失った血管は血液を詰まらせたり、自分の血流の圧力(血圧)に耐えられなくなって、血管の壁を突き破り、出血してしまいます。出血したところが、もし脳や心臓だったりしたら大変です。脳卒中や心筋梗塞を引き起こして、最悪の場合は命に危険がおよぶかもしれません。

血管年齢が高いのは非常に危険な状態なのです。

血管年齢が若いとどうなるの?

逆に、血管年齢が若いということは、血管が柔らかく、血液の流れがスムーズになります。恐ろしい病気の心配がないどころか、血流が良くなることによって細胞に栄養が十分に行きわたり、美肌や肩こりの改善、また便秘やうつの予防にも効果が現れます。

血管年齢の若さを保つことは、美容にも効果的ということです。

 

ファスティングが血管年齢を若返らせる理由って?

ファスティングとは、断食によって体のデトックスを促進し、体の調子をリセットさせる療法のこと。ファスティングは様々な効果を与えてくれますが、血管年齢を若返らせることにも効果的なのです。その理由についてご紹介します。

細胞が活性化する

ファスティングは断食によって腸の機能を休めることによって、今まで消化することに一生懸命だった消化酵素の力を、代謝を促進させる代謝酵素として活性化させることができます。活性化された代謝酵素の力によって不要な毒素を体の外に排出することと同時に、細胞に十分な栄養がいきわたり、細胞が元気を取り戻します。

元気になるのは血管の細胞も同じ。血管の細胞の代謝が進んで新しい細胞に生まれ変わり、今まで凝り固まっていた血管を柔らかくしてくれ、血管年齢を若返らせてくれます。

中性脂肪や脂質が減る

血管年齢を引き上げる原因の一つに、中性脂肪や脂質が多いことが挙げられます。特に、肥満体質の方には注意が必要です。

ファスティングによって活性化された代謝酵素はその脂肪の分解を促進してくれます。また細胞が活性化しているため、ダイエットの効果も高く、肥満解消の手助けをしてくれます。

悪玉コレステロールが排出される

ファスティングの重要な効果の一つが、デトックスです。体の中に溜まった化学物質などの毒素を体の外に排出されるのと同じように、悪玉コレステロールも排出されます。この悪玉コレステロールも血管年齢を引き上げる原因の一つ。血管の壁に張り付いた悪玉コレステロールは次第に固まっていき、血管を硬くさせてしまいます。

活性酸素の発生を抑える

血液中に含まれる活性酸素は普段は細菌やウィルスをやっつけるために重要な働きをしますが、これが多すぎると血管の内側まで傷つけてしまい、血管年齢を脆くしてしまいます。

ファスティングによって活性化する代謝酵素は、これら余分な活性酸素の発生を抑える抗酸化作用の働きも持っています。それによって、血液中の活性酸素の量を抑え、血液年齢を若返らせることができるのです。

また、ファスティング中は内臓が休まっているために、必要となる酸素量が減ることが分かっています。朝食だけの断食を実施したところ、13%も酸素消費量が抑えられたという実験結果があります。酸素の取り込む量が少なくなれば、それだけ活性酸素が発生するリスクも少なくなります。

ファスティングによる抗酸化作用の働きについては、こちらの記事でもご紹介していますので、ご参考にしてください。

活性酸素を除去する!抗酸化作用を高めるファスティングのすすめ

血糖値が安定する

ファスティング中は砂糖や炭水化物などの糖類を摂取することがほとんどありません。急激な血糖値の上昇は血管を傷つける原因となりますが、ファスティング中は血糖値が安定しているため、血管にもいい状態が続きます。

また、ファスティング後は食欲がしばらく抑えられるため、血糖値を急激に上昇させるような食べ方はできなくなります。

血圧が下がる

血圧の上昇は、血管年齢に最も影響してくる原因の一つです。血圧の上昇にかかわってくるものは、脂質や悪玉コレステロールと、それから塩分。ファスティングのデトックス効果によって脂質や悪玉コレステロールは排出されます。

また、ファスティング中は塩分を摂ることはなく、逆に余計な塩分を排出させるビタミンやミネラルを多く摂るため、血液中の塩分濃度が下がり、血圧を下げることができます。

更には、ファスティング後には味覚が鋭敏になっているため、減塩の食事でも十分においしく感じることができるので、普段の食事の塩分使用量も減らすことができます。

ストレスが減る

以外に思われるかもしれませんが、ファスティング後はストレスを感じることが少なくなります。それは、デトックスによって体の状態が調えられ、自律神経が正常に働き始めるため。ファスティングによって感覚が鋭敏になったり、集中力が高まるという効果がありますが、これは自律神経の働きによるところは大きいです。

ストレスもまた、血管年齢を引き上げる原因の一つです。現代社会ではストレスを感じないことの方が難しいですが、上手くコントロールすることで血管年齢を若返らせることができます。

 

まとめ

ファスティングが血管年齢を若返らせる7つの理由をご紹介しました。普段偏食がちで、体がどうにも重いなぁという方は、ぜひファスティングを行うことをオススメします。

血管年齢を若返らせることによって、重大な病気のリスクを減らすだけではなく、美容や健康にも効果が現れます。これからは血管年齢ということも意識して、食生活を見直してみませんか?

ファスティングが重要なお手伝いになることは間違いありません。ぜひお試しください!

記事が参考なったという方は、ぜひいいね!をお願いします。

 - ファスティングについて