Romping ララ

ファスティング -あなたの「変えたい!!」を応援する情報ブログサイト

*

頭痛は大丈夫?ファスティング中に起きる症状と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛

ファスティング中に頭痛を感じたことはありませんか?

でもそれ、実は好転反応といって、ファスティング中の体の変化が進んでいる証拠なのです。

今回は、ファスティング中に好転反応などに伴って起きる症状と、軽減させるための対処法についてご紹介します。



ララ レクタングル

 

ファスティング中に起きる「好転反応」とは

ファスティングの効果は、ダイエットと共にデトックスが進むことです。

ファスティングドリンク以外のものを口にしない断食を行うことでその効果が得られますが、3日、6日とファスティングを行うと体に色々な反応が現れます。食事をしないために起こる症状や、脂肪燃焼やデトックスが進んだ時に起こる症状などありますので、きちんと内容を知っておくことが、肝心です。

好転反応とは

体に良いことを行った時には必ず起きる反応のことを「好転反応」といいます。

英語では「クレンジング・リアクション(浄化作用)」といって、体がきれいになってきている証拠なのです。

代表的な症状は、頭痛、皮膚の反応、疲労感や、下痢など。何もしていない時に起きると少し心配になるような症状ですが、ファスティング中では体が良い方向へ向かっている好転反応として現れるので、心配する必要はありません。

好転反応が現れた場合には、とにかく多く水を飲んで、体の浄化作用をお手伝いしてあげましょう。

好転反応についての詳細はこちらの記事をご参考にしてください。

デトックスのサイン?「好転反応」を理解してファスティングを効果的に

 

ファスティング中に起きやすい具体的な症状

わたしは初めてファスティングを行った時は、2日目に耐えられないほどではないですが頭痛を感じて、本当にファスティングの方法が正しかったのかなと不安になりました。

ただ、それは体がいい方向に向かっている証拠「好転反応」なんだと知ったので、簡単な対処を行ってすんなりとファスティングを継続することができました。

ファスティング初挑戦のみなさんにもぜひ知っておいていただきたいので、ファスティング中に現れる症状と、軽減できる場合はその方法についてご紹介したいと思います。

頭痛がする

頭痛はファスティング中には良くある症状です。特に手作りファスティングドリンクを用いた際などには、よく現れます。

これは、脂肪を燃やした時に発生するケトン体と呼ばれる物質による作用の場合や、水分不足の場合、塩分濃度を調整する場合などに起きる症状です。特に気にすることはないので、水分を多めに摂るか、それでも解消しない場合は、「昆布茶」を飲んで微量な塩分を摂取するようにしましょう。

わたしの場合は、昆布茶を飲んだら、ホントに驚くほどすっと頭痛がなくなりました。体っていうのは正直なんだなぁ~と感じた瞬間ですね。

皮膚に吹き出物がでる

これも、面白いほど現れる好転反応のひとつです。腸内の環境が良くなってくると、皮膚から毒素などの老廃物が排出されます。実は腸と皮膚は密接に関係していて、腸や体に毒素が溜まっていると、皮膚に好転反応が現れる場合が多いです。

私の場合、コンビニ弁当がたたったのか、お腹に大きなぷちぷちが出てきました。でも普通のニキビなどと違って、全然痛くないんです。体の毒素が排出されているんですね。コンビニ弁当が体に悪いということを、切に感じた経験でした。

異様な便(下痢、枯れ葉のような、油っぽい、など)

ファスティングのひとつのポイントは「宿便」を押し流すことです。

生きてる以上、腸はずっと食べ物の残りカスを通過させています。全部出ていけばいいのですが、腸の内側には長年溜まった残りかすがこびりついています。この残りカスに菌が繁殖して、体に少なからず影響を与えています。

これらをぜーんぶ押し流すことが、ファスティングの一つの目標だったりします。腸に食べ物が流れてこないファスティング期でも、便は出ます。これは腸の内側や隅にこびりついていた宿便が体外へ排出されているからです。始めは下痢から。3日目以降になると、枯れ葉のような便だったり、少し油を含んだような便が出たりします。

これらは体の異常ではなくて、いい方向へ向かっている証拠。がまんはぜずに、ありのままで生きましょう。

極端に黄色い尿

これも、ふとした瞬間にびっくりしますが、まったく異常ではありません。

よく、ビタミン剤などを飲んだ直後に、黄色い尿が出ることがありますが、同じような現象です。ビタミン・ミネラルを豊富に摂っている時期ですから、これも立派な好転反応です。

水分を吸収しづらい状態ですので、出したら飲む!お水はたくさん飲むようにしてください。

倦怠感、疲労感

だって、食べてないもんねー。という理由だけではなく、体が今までとは違った代謝の働きを行うために、それを倦怠感、疲労感として感じることがあります。

疲労感を感じたらムリせず、休みましょう。あとはやっぱり水を飲むこと。浄化作用を促進させて、早く体を楽な状態にしてあげてください。

低血糖

これは、好転反応とは別で、手作りファスティングドリンクの場合に多く出る症状です。

じと~っとした汗をかいて、呼吸が浅くなり、心臓の音が良く聞こえ、手足などが震えてくる。視界が狭くなって、ひどい場合には立つことができなくなります。

そんな症状が出たときには、黒砂糖や氷砂糖、はちみつなどをなめるようにしてください。それだけで解消します。症状にびっくりせずに、ちゃんと対処をすれば問題はありません。ファスティング前には、これらの準備をしておくと安全です。

ただし、白砂糖はやめましょう。白砂糖は実は化学薬品で漂白させたりなので、ファスティング中は厳禁です。

失敗しないファスティングのための酵素ドリンクの選び方

 

まとめ

ファスティング中に起きる「好転反応」。

頭痛や吹き出物など、すこしびっくりするような症状が出たりしますが、それらは体が良い方向へ向かっている証拠なので、あまり心配はせずにきちんとした対処で乗り切りましょう。

ただ、あまりにも体調に異変が起きたり、がまんできない場合にはファスティングを中止することも一つの判断です。3日程度のファスティングでは大部分は問題ないですが、6日などの場合にはそのような判断も必要です。

でも、急に食事をしたりしないでくださいね。ファスティング期を終えるだけで、そこからは復食期(回復期)を開始するようにしましょう。

焦りは禁物!ファスティング後の復食の方法

これを乗り越えれば、あなたの体はホントに見違えるような健康状態を手に入れることができます。ファスティングを繰り返していると、好転反応が出ないとなんか物足りないような感じになったりもしますね。体が汚れていると、それだけ露骨に反応が出てきます。

正しい知識で、正しいファスティングを!あなたの理想的な体を手に入れましょう。

 

 - ファスティングについて