Romping ララ

ファスティング -あなたの「変えたい!!」を応援する情報ブログサイト

*

ケトン体の食欲抑制効果 ダイエットに効く飲み物とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

jarmoluk / Pixabay

誰しもが一度は気にしたことのあるダイエット。

食事制限や糖質制限、運動の量を増やしたりするけど、結局は最後まで続かないことがほとんど。その原因は、「食べたいものが食べられない」「食事制限で空腹に耐えられない」という方も少なくないと思います。

私も、空腹になるといてもたってもいられず、ついつい間食に手が。。

ダイエットの基本は「無理をしないこと」。「つい間食をしてしまって・・・」という罪悪感に駆られる前に、空腹感をどうにかしないと結局はダイエットは続かないものです。

今回は、以前もご紹介したケトン体の効果である食欲抑制効果をうまく利用して、無理なくできるダイエット法をお教えします。

その前に、ケトン体ってなに?という方はこちらの記事をご参照ください。

脂肪燃焼に関係する「ケトン体」の正体とは?



ララ レクタングル

 

ケトン体の食欲抑制効果

肝臓で脂肪酸、つまり脂肪を分解してエネルギーとして利用する過程で生まれるケトン体。

血液中を通って、脳や体の各機関で糖の代わりに消費されるもので、第2のエネルギー源と言われています。

人間の脳は主にブドウ糖をエネルギーとしており、これが不足すると危機状態だと判断して、体の機能に制限を設けたり、ケトン体生成を促してエネルギーを補給しようとしたりします。

人間が野生で生きていた頃はそれほど頻繁に食べ物が食べられなかったでしょうから、まさに生きるために必要な機能として備わったのでしょうね。

ケトン体の一種であるβヒドロキシ酪酸は食欲を抑制し、空腹を感じにくくする作用があります。これによって、空腹に悶えることなく、狩りに出ることができるわけです。

食欲抑制効果を利用したダイエットコーヒー

ケトン体を効率よく生成できれば、食欲をコントロールすることができ、無理なくダイエットが進められます。ケトン体の生成のためにオススメの飲み物をご紹介します。

それは「ココナッツコーヒー」!

コーヒーにココナッツオイルを混ぜてよくかき混ぜたもの。ココナッツオイルはその主成分が中鎖脂肪酸で出来ており、普通のサラダ油やオリーブオイルの長鎖脂肪酸と比べ、5倍速く分解される特徴を持っています。体にたまることなくエネルギーとして使用されることから今テレビや雑誌などでも注目されています。分解されやすいということは、ケトン体も生成されやすいということ。ココナッツオイルはうまく使うことで、食欲のコントロールが可能になるのです。

ココナッツオイルがケトン体を作りやすいということについては、こちらでまとめています。

ココナッツオイルがケトン体を作るのに最適な理由

では、ココナッツコーヒーを作ってみましょう♪

ココナッツコーヒーの作り方

まずコーヒーを自分で淹れます。市販のコーヒーでもいいですが、無糖を使ってください。コーヒーにココナッツオイルをスプーン一杯ほど入れ、よくかき混ぜます。これだけで完成。

ココナッツオイルを購入する場合は、下記を参考にしてください。

Natural Healthy Standard エクストラバージンココナッツオイル

楽天で1位となった商品がリニューアルして登場!
薬剤を一切使わない抽出法により、世界基準のチェックをクリアした正真正銘の有機100%エクストラバージンココナッツオイル。
大容量でお求めやすいサイズになっていますので、ぜひお気軽にどうぞ。

価格:¥1,980(550ml)

ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル

安心の有機JAS【ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル】
厳しい条件をクリアした有機JAS認定。日本の規格だから「安心」「安全」の品質です。
食用だけでなく、お肌にも安心してお使いいただけます。

価格:¥1,188(200ml)

ココナッツオイル専門店【PUKAPUKA(プカプカ)】

話題のココナッツオイルの専門店。
ダイエットに有効な食用のオリーブオイルを始め、シャンプーやコンディショナーも販売しています。
あなたのキレイを応援するお店。ぜひ!

価格:¥1,922(460ml)

 

コーヒーは無糖で

ケトン体は体が低糖状態になったときに、スイッチが入って良く生成されます。そのため、コーヒーで一緒に糖分を摂ってしまっては、せっかくのココナッツオイルが機能しなくなってしまいます。

大丈夫です。ココナッツオイルは甘みのあるオイルですから、混ぜるとココナッツのいい香りとほんのりとした甘みがコーヒーにアクセントを加えて、毎日でも飲みなくなるような飲み物になりますから。

毎日のコーヒーは自宅でもこちらがオススメ。

よーくかき混ぜて

ココナッツオイルを入れたら、よーくかき混ぜてください。

油はかき混ぜるととろとろに乳化された状態になります。乳化されたオイルの方が吸収がされやすく、ケトン体の生成を助けます。また、かき混ぜないと塊として残ってしまう場合があるので、そのためにもよくかき混ぜましょう。

とろとろの状態が、飲み頃です。

コーヒーの脂肪燃焼効果

あまり知られていないですが、そもそもコーヒーには脂肪燃焼効果があります。コーヒーに含まれるカフェインが肝臓のリパーゼという消化酵素を活発化させます。

このリパーゼは脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する酵素で、脂肪酸はケトン体として消費されます。それによって、脂肪が燃焼されるわけです。

まとめ

ココナッツコーヒーは燃料と着火剤を一緒に含んだようなもの。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を多く含み、コーヒーがそれを分解してケトン体を生成します。

ケトン体によって食欲をコントロールしたあなたは、間食に手が伸びることもなく、ココナッツコーヒーのリラックス効果と一緒に、心も体もスッキリ!

ぜひお試しください^^

 - ケトン体, 体験談