Romping ララ

スキンケア -あなたの「変えたい!!」を応援する情報ブログサイト

*

シミになってからでは遅い!!秋冬もするべき紫外線対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さも和らいだことだし、もう日焼け止めはいらないかなー。なんて油断していませんか?8月をピークに紫外線量は減っていきます。

が、しかし、今の時代、夏しか紫外線対策をしないなんて!!シミになってからでは、もう遅い!数年後のお肌を考えると恐ろしすぎます。そこで今回は秋冬に必要な紫外線対策をご紹介していきます。

maya_7966 / Pixabay



 

シミができる原因

シミの原因には遺伝、ホルモンバランス、炎症、摩擦による刺激、など様々ありますが、特に気をつけたいのが“紫外線によるシミ”です。紫外線はシミ以外にもシワやタルミなどの老化の原因になります。

1年中しっかりケアしていきましょう。

シミができる原因とメカニズム | スキンケア大学
www.skincare-univ.com › … › 美白・抗酸化 › シミと活性酸素の基礎知識

美白やシミ対策としてサプリメントを活用するためには、まずはシミができる原因やメカニズムを正しく理解することが必要です。ここでは、ドクター監修の記事で、シミができる原因について解説します。

出典 http://www.skincare-univ.com/article/001783/

具体的な紫外線対策

日焼け止めの選び方

日焼け止めはSPFとPAで強さを表記していますが、どちらも強ければいいというものではありません。毎日強いものを使っているとお肌への負担が大きくなり、逆にお肌が荒れてしまう原因に。用途に合わせて正しく選びましょう。

日常生活であればSPF20~30、PA++ 程度が最適です。秋冬でもこのくらいの日焼け止めを使いましょう。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めは塗り方ひとつで効果が変わってきます。正しい塗り方で憎き紫外線から美肌を守りましょう。

正しい日焼け止めの塗り方が衝撃的すぎる!伸ばすように塗るの …
m3q.jp › 美容 › 日焼け止め

2015/05/27 – テレビの「林修の今でしょ講座」っていう番組で紹介された、日焼け止めの正しい塗り方が衝撃的ってことで話題になってるみたいです。お肌のシワとかたるみっ … もちろんだけじゃなくて腕とか足も同じように塗りましょうね。 -. twitter.comあた  …出典 http://m3q.jp/t/3332

お顔を7個に分けて塗っていきます。左右の頬骨、左右の頬、おでこ、鼻、顎、にちょんちょんと日焼け止めを置いていきます。そして指の腹で優しく叩くように塗り広げます。そうすることで塗りムラを防ぎ均一に塗ることができます。

仕上げのひと手間

仕上げは必ずお粉をはたきます。より均一なお肌になって相乗効果で紫外線から守ります。

jill111 / Pixabay

 

最後に

お肌は予防美容することが一番大事。紫外線の影響をなるべく受けないような対策を常日頃から気を付けましょう。

シミができてから消すにはかなりの時間とお金がかかってしまいます。そんなことにならないように今からしっかりとケアしていきましょうね!

この記事が参考になった方は、ぜひいいね!をお願いします。

 - 美肌・アンチエイジング